意外と知らないキャバクラでの接客時のマナーとルール|キャバクラの求人探しは歌舞伎町・新宿・渋谷・六本木・池袋・上野エリア網羅のナイトバ

歌舞伎町のキャバクラ求人探しのナイトバ|高収入キャバクラ求人情報 歌舞伎町・新宿・渋谷・六本木・池袋・上野

意外と知らないキャバクラでの接客時のマナーとルール

(公開: 2017年03月16日)

キャバクラだけではないですが、夜の世界はルールやマナーが一番重要です。
知っているつもりで実は知らなかったと言うことがあるみたいですね。
改めてルールやマナーを見直しましょう。
 
★サービス内容のルールとマナー
お客様が最初にお店に来たらまずはおしぼりを渡します。当たり前のことですが、丸まったままではなくきちんと広げて渡しましょう。もちろん笑顔で!お客様が使ったら小さくたたんでテーブルに置いておきます。ボーイさんが片づけてくれるとはいえぐちゃぐちゃのままでは見栄えもよくありませんからね。おしぼりはお客様がトイレに立った時にも新しいのを準備して戻ったら渡してあげます。その後はお酒をつくります。濃すぎず薄すぎずお酒の量にも気を付けましょう。
お酒をつくったあとの乾杯の時には必ずお客様のグラスより低い位置に!!
 
そして接客時にグラスに水滴が出てきたら必ずふき取ります。できれば専用におしぼりをもらっておくといいですが、自分のハンカチのほうが可愛くてそれで拭いてくれるの!と喜ばれるかもしれません。接客中にお客様がタバコを口にくわえたら火をつけてあげましょう。タバコがみえたらライターを出して準備しておくといいです。マナーとしては自分の手元で火をつけてからお客様の元にもっていくのがベストです。お客様の顔の前で火をつけた時に炎が大きすぎたりしたら危険なので注意が必要です。灰皿を変えるタイミングは1本~2本です。お客様がタバコを吸っているからといって女性は勝手にタバコを吸ってはいけません。お客様に必ず了解を経てから吸いましょう。
自分が吸っていても女性が吸うのを嫌がるお客様も中にはいるので気を付けましょう。
また、お客様が了解したとはいえ吸いすぎにも注意です。
 

おすすめ求人広告!
今月のピックアップ求人
テキストが入ります。・・・